So-net無料ブログ作成
検索選択
上京後 ブログトップ

35歳で上京。痛々しい、と言われ…… [上京後]

130704ミュージック25-1.jpg

満を持して上京した二人は愕然とします。


 当初は「エンタの神様」に出られたら福岡に帰ろう、上京したという思い出が得られたら、それで十分。


 そう考えていましたが、考えが甘かったことにすぐに気づかされたからです。

 
 まずはギャラの問題。



今まで福岡よしもとで15年も働いてきたのに、そのキャリアがリセットされ、東京よしもとでは新人並みのギャラしか得られなかったからです。


そして、何度受けてもオーディションに受からない


どの番組も新人を探しており、スーツを着た35歳の正統派漫才コンビは求められていませんでした。


 ある番組には、福岡出身の若手ディレクターがおり、



子供の頃からお二人のことをテレビで見てました。ですから、今さら来られても……」


 ……と、遠回しに「痛々しい」と言われてしまいます。



 相変わらず借金まみれで生活は苦しい。

 ある番組では、「アルタのタモリさん」は、「笑っていいとも!」のことではなく、その隣にあるキャッシングの広告のタモリさんを思い出す、ということを言っていました。

 何社からも借りていて、自転車操業を繰り返していたようです。



 そんな苦しい日々でしたがが、意外にも転機はすぐにやってきます。


 それは福岡時代華丸さんがやっていた、児玉清さんのモノマネで、とんねるずの「みなさんのおかげでした」の一コーナー、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」に出られるようになったからです。



 児玉さんのネタがじわじわと人気を集める頃、二人はピン芸人のコンテスト、「R-1グランプリ」に出場。


 大吉さんは二回戦敗退でしたが、華丸さんは決勝に残ります。


 華丸さんは「ゴルフ場での福岡のおっさん」をテーマにしたネタを出そうとしますが、大吉さんが反対。

 ウケている児玉さんのネタでいいじゃないか、と。

 結果、見事グランプリを獲得。


 コンビの片方だけが優勝してしまい、「一人だけ注目されることになるのではないか?」といういじわるなインタビューに、大吉さんはこう答えています。



「十分です。どうぞ売れてください」

 二人ともダメより、一人でも浮上すればいいじゃないか、と。


 満面笑顔の華丸さんに対し、大吉さんは目に涙を浮かべていました。
 (ご本人は「ひどい二日酔いだった」と言っていますが……)



 優勝賞金の500万円は、当初の予定どおり、大吉さんに半分渡す、と華丸さんが言いますが、大吉さんは「もらえない」と固辞します。


 しかし、華丸さんは「二人で考えたネタだから」と、どうしても半分にしようと言います。


 二人の間で「やる」「いらない」と何度もやり取りがあり、結果、「優勝記念にロレックスを買おう」と言うことで落ち着きました。

 しかし、華丸さんが


時計に大金はたくのはどげんか思う。何も言わずにもろうとけ」

 ……と、大吉さんに半分を渡したそうです。

 二人で協力して得た優勝だから、という華丸さんに、あくまでも華丸さんの力で得た優勝だから、と遠慮する大吉さん。


 どちらも相方への愛情と男気を感じさせるいいエピソードですね。


 


 

 

 

 

 

 
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い
上京後 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。